忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

来年の活動計画‐2

実は以前、ネット上でこんな言葉を目にした事がある。

「本当はきょうだい会に行きたい。
だけど、家族の目が怖くて、現状ではとても行けそうにもない…」

そこで…

そんな下記の声を基にして思い付いたのがこちら。

塗り絵や折り紙等の工作をしながら、参加者からお話を伺うという新しい試みを企画中。
工作をしながらの会話なら、もしかしたら「ワークショップ」等の名目で参加が可能になるかもしれない。

そもそも、私自身、今もグリーフの会には「女子会」や「講演会」等、別の名目で参加している。
だから、家族の目の怖さも凄く分かる。

今は2月からの実施に向けて準備中。
もちろん、諸費用は実費のみがお約束。
高い会費で、参加者に少しでも負担を掛けたくないもの。

さて…

肝心の教材(?)は近くの100円ショップで仕入れるとして…
最大の問題点は、参加者0人で教材が余った場合。

その場合、一体どうすればいいんだ???

新しい試みを本気で計画すると、必ずといっていいほど「思わぬ壁」が待ち受けている。

それでも、何もしないまま支援活動するよりはマシ。
お話を伺うのは緊張しても、工作をしながらのお話なら会話も弾むかもしれないから。

拍手[0回]

PR

来年の活動計画

先日、地元きょうだい会の来年の活動スケジュールを計画。

具体例を挙げると…
*8月下旬に、某24時間番組に合わせて、Twitter例会を「1日目の夜」と「2日目の昼」の2回実施。
*先日Twitterで実施したアンケート調査の結果を受けて、横浜駅周辺で「きょうだいの集い」を開催する。
もちろん、今後の支援活動の参考に、来年も引き続き他団体のイベントに積極的に参加。
実際に参加して、地元きょうだい会の活動のヒントを得られる事も多かったから。

ちなみに、今は運良く月数日のアルバイトで活動資金を得ているけれど、そのアルバイトもいつまであるか分からない。
将来的には、他のアルバイトを掛け持ちするか、下記のような事を真剣に考えないと、今の支援活動を続けるのは厳しくなる。

拍手[0回]

本命日で思い出す事

今日は、日頃から地元のきょうだい会を支援して頂いている団体が主催する勉強会に、直接のお礼と顔合わせを兼ねて出掛けてきた。
ネットでは既に数回やり取りをしている代表者の方と、ようやく直接お会いしてお礼を言う事ができたのがとても嬉しかった。

その上、今日の勉強会の内容が、偶然にも我が家に当てはまる事があまりにも多過ぎて…(苦笑)。

「あるある…」

終始、心の中で頷きながら聞いていた。


だけど、昨晩は珍しく早寝したにもかかわらず、寝つきが物凄く悪い等、妹の本命日前後は、やはり毎年落ち着かない。
しかも、寄りによって私の誕生日(12月31日)と近いなんて…

今から約30年前、夕方まで普段の日と同じ、テレビでドラえもんを笑って見ていた自分を突然襲った、あの慌ただしく重苦しい空気を思い出すと心苦しくなる。

小学生以下のきょうだい児は、病院内では感染症対策で止むを得ないとはいえ、兄弟姉妹の最期さえも一切見届ける事ができない。
きょうだい児も、親と同じく「家族の一員」なのに…

神様は意地悪過ぎる!

拍手[0回]

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

バーコード