忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

途中から一人っ子になった人-2

まずはこの記事から。

【麻耶、麻央さん亡くし1週間「どこか遠くの病院に入院して…」心情つづる (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース】


最愛の妹さんを亡くしたお姉さんを思うと、

「今は黙って見守って下さい」

マスコミ各社に、そう一言言いたい気持ちになる。


そんな時に私の過去記事を思い出した。

【「途中から一人っ子になった人」|グリーフケア|元きょうだい児です。】


この記事は、両親の離婚により「ある日突然一人っ子になった」ケースだけど、病気や事故による死別により「ある日突然一人っ子になった」人も、実際はさほど変わらない気がする。
生前から仲が悪く、ほとんど絶縁状態だったならともかく、長年親友以上に仲良しだった場合はなおさら。

芸能人や有名人は、どんなに苦しくても悲しくても、何事もなかったかのように仕事に打ち込まなければならないのが辛いところ。
スケジュールの都合上、早急にグリーフケアを受けるのも難しい。


8歳で同じグリーフを体験した私が言える事は、

「今は決して、無理をしないで欲しい」

それだけです。

拍手[0回]

PR

「Hope Tree」さんからのメッセージ


昨日の午前中、スマートフォンでTwitterを見ていたところ、突然のニュース速報に思わず目を疑った。
自宅療養に切り替えた時点で、ある程度予測していたとはいえ、お会いした事がない方でも、やはり永遠の別れは淋しいし悲しい。


さて、下記のつぶやきのリンクをクリックすると、素晴らしいメッセージ【最近の報道を見てこちらへ辿り着いたあなたへ】が掲載されているので、皆様もぜひ一度、お読み頂けると嬉しいです。


もちろん、残されたご家族及び関係者全員のグリーフサポートは必要不可欠。
幼少期の頃、同じような目に遭った私としては、2人のお子様が成長と共に、今度はグリーフ特有の後遺症に悩み苦しまないかが少し心配。
下記の本にも、そんな子どものグリーフが掲載されています。

拍手[0回]

「善」を行う事

先日、下記のブログ記事を拝読。

「自分さえ良ければいい」は、周囲から悪く言われても、「悪い事さえしなければいい」は、さほど悪く言われない。
だけど、日頃から大切な人や見知らぬ他人のために「善」を行っている人は、慈善事業関係者の人たちを除くと意外と少ないのでは?

そんな私も端くれながら、自分のできる範囲で「善」を行い始めて今年で3年目。

それでも、今の自分の力量では「いいね!」やシェアしか協力できないのが悔しいし歯がゆい。
いずれはきょうだい児関連の映画上映会や、ちょっとした発表会を開催するのが夢だけど、きょうだい児の集いを開催するだけで精一杯。
もちろん、最初から何もしないよりは全然マシだけど。

他にも、ネットや各種サービスのポイントによる寄付や、たった数時間のボランティアに参加するだけでも、十分「善」につながる。

それから、ある日突然震災の被災者になったり、思わぬ難病に侵されたり等、自分一人の力では対応できない日常生活の困難に襲われる可能性もある。
その際、様々な支援を受けられるには、「偽善者」「本末転倒」といった一部の人間からの批判を気にせず、日頃から積極的に「善」を行う。
そして、それを継続して積み重ねていくのが、生きるために最も必要な気がする。

この世の中、いつどうなるかわからないのだから。

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

バーコード