忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

大人の対応

「神奈川県央きょうだいの会」開設。
そして、自ら代表になって早2年半。

次第に「大人の対応」の必要性を実感しつつある。

言うまでもないけれど、大人のきょうだい児・元きょうだい児は「人それぞれ」だから。


今でこそ、日常生活は何とかなっているけれど、小学生の頃から数年前まで、一時期オーバードーズに陥るほど地獄続きの日々だった。

幼年期を病児のきょうだい児として過ごした私は、物心付いた頃から「ひがみ」「ねたみ」「うらみ」はむしろ当たり前。
自分をけなし、いじめた他人の不幸はまさしく「蜜の味」。

「ざまぁみろ!」

心の底から小躍りして喜んだ。

当然ながら、自分の置かれた家庭環境や周囲の人達に対し、頭の中は常に不平不満で一杯。
その上、当時はそれを「我慢強さ」といった自分の最大の長所だと思い込んでいたので、物凄くタチが悪かった。

ところが、その我慢をやめ、気楽にわがまま放題に生きる事に方向転換した途端、(言葉は悪いけれど)ガチ話ができる友達やきょうだい児支援に理解のある仲間との交流が急増。
「何で自分だけが…」といった理不尽な思いが徐々に減り、今では、自分と全く違う世界で生きてきた、いわゆる一般家庭育ちの人に対しても、何とか対応できるようになった。

それでも、不意に過去の「ひがみ」「ねたみ」「うらみ」に襲われ、うつ病になるほど心が激しく揺らぐ事も。
現実は、そう簡単に「マザー・テレサ」のようにはいかない。

また、毎月1回の定例会やTwitter例会、戸外の他団体の集まりでも、カウンセリング的な交流や傾聴の難しさを痛感させられる。

特にTwitter例会では、毎月、様々な意見や考え方が飛び交うので、私も極力相手の立場を尊重するよう努めているが、様々な意見や考え方のバランスを取るのは、一見簡単なようでいて、実はかなり難しい。
下手をすると、単なる「八方美人」にもなりかねない。
特に「一対一」の会話となると、冷静さが減り、無意識のうちに感情的かつ過激な発言になりがち。


それより、学校や職場では間もなく「新年度」を迎える。
私もその「新年度」の最大の目標として、日頃から自分の心の揺らぎに注意を払い、できる限りの傾聴を心がける。

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード