忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

「感動ポルノ」はいらない!

今回は、過去記事の続き的な内容。
【元きょうだい児です。 愛で地球は救えないのに…‐3】

例えば、長年、事ある度につい口にしていたこのセリフ。

「○○さんの状況に比べたら、私なんて全然マシ!」

実はそんな考え方も「感動ポルノ」の1つだったとは…

本来ならば、努力や苦労は決して比較するものではない。
他人から見れば、全然大した事ないように見えても、本人にとっては、この上ない努力や苦労かもしれないのだから。

もちろん、私は他のきょうだい児やグリーフ体験者よりはずっと恵まれているのも事実。
それでも「解離性障害」等、学生の頃から一般社会への進出を阻む後遺症に散々悩まされている。


中でも、私が最も印象に残った一文はこちら。
「もっと個人として見てほしい」
「障害者を社会からいないことにしちゃいけないし、見えないことにしちゃダメ」

これには私も同意!
私は目に見える障害こそないものの、妹の「代替品」として扱われ、一人の人間として認められた事がなかったので、ほぼ同じ立場にいる人間として相通じるものがある。

本来ならば、前述のような「感動ポルノ」ではなく、一般社会の中で日常生活を平穏無事に生きるのが理想。
これは障害者のみならず健常者も同じく。

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

バーコード