忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

新しい言葉…まだまだ。

このつぶやきを読んで、急に昔の事を思い出した。


私は数年前、ひょんなことから、自分がその「きょうだい児」と知った。

妹亡き後、長年、一人っ子扱いされる事に物凄く強い違和感を抱えていた自分にとって、この言葉との出会いは、たちまちこの上ない救いとなった。

実際、「元きょうだい児」「元々難病者の姉」と自己紹介を大幅に変更した途端、一人の人間として気にかけてくれる人や、気の合う人達との出会いが一気に増加。

もちろん、微妙に「もにょる」気持ちも、決して分からないでもない。
但し「障害児者(難病児者)の兄弟姉妹」と表記すれば「即解決」…という訳でもない。
何せ文字数が長くなり、同時に読みにくくなるから。

私も「きょうだい児」という表記を知らない人に対しては、「障害児者(難病児者)の兄弟姉妹」という意味を、できる限り丁重に答えるように心掛けている。

結局「きょうだい児」だけに限らず、新しい言葉には、常に異論反論が付き物だと思う。
当事者の一人である私としては、今後も少しずつ地道に広げていくしかない。

拍手[1回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード