忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

「忘れられた悲嘆者」

数日ぶりのブログ復帰。

Twitterで紹介された記事を読んでいると、今でもかつての自分自身と重なる。

特に震災や交通事故によるグリーフの場合、まさしく「ある日突然」なので、現実との折り合いがつくのが物凄く遅くなるのはむしろ当然の事。
それでも、私がグリーフを体験した数十年前と違い、今はそのような遺児たちに対する「心のケア」が充実しつつあるのがせめてもの救い。

また、私は妹亡き後、長年「解離性障害」に悩まされている。
その上「解離性障害」は、

「キチガイ」
「キモい」
「頭がおかしい」
「精神異常」

失礼な発言で大変申し訳ないけれど、「解離性障害」の症状は一見、上記のような単なる性格の問題に見られがち。

私も母親から厳しく注意され、周囲から敬遠されるだけで、誰からも支援の手を差し伸べられる事なく放置された。
せめて、数十年前から下記の記事が多くの方、特に教育関係者に知られていたら、私も一般社会からの挫折を辛うじて免れていたかもしれない。

本来ならば、れっきとした「悲嘆者」なのに、なぜか過去の悲しみさえ、何事もなかったように忘れられ、誰からも無視されてきた。
それなのに、我ながら「今までよく生き延びてきたな…」とつくづく思う。

自分自身が亡くなるまで、自らのグリーフに終わりはないのに。

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード