忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

初めてのHIV検査で感じた事

こんにちは。

今日は世界エイズデー。
参考として、私の過去記事も。
【元きょうだい児です。 できちゃった結婚とHIV感染】


実は10月29日、生まれて初めてHIV検査を受けました。
場所は最寄りの保健所にて。

私は即日で検査結果が出る方法を選択。
もちろん匿名・検査料も無料。
但し、事前の電話予約が必要でした。

理由は、来年1月初旬に受ける子宮筋腫の全摘手術の事前検査の項目に「HIV検査」が含まれていたため。
その日は母親も同伴なので、万が一「陽性」だった場合、主治医が間にいるとはいえ、その事で気まずくなるのが嫌だったから。

保健所の案内図も「HIV」といった言葉は一切なく、電話予約時に説明を受けた通り「予約検査」の看板を進みます。

まずは問診票を書き、看護士さんから簡単な説明を受けて、少量の採血をします。

そして、検査の結果が出るまで30分程待機。
さすがにこの時間帯だけは、かなり緊張しました。

幸い、検査結果は「陰性」。
その時の採血の跡がこちら。



検査結果は、医師と付き添いの看護士さんから直接伝えられます。

私も結果を告げられた時、ようやくホッとしました。
最後に、私が手術の事前検査を控えているのを伝えると、その看護士さんから

「あとは事前検査、そして手術が全て上手くいくといいですね」

ちなみに、検査の全所要時間は約1時間程。


私は思わぬ理由からHIV検査を受けましたが、本来なら、性交渉に心当たりのある方なら誰もが受けるべき検査です。

最近は、即日・無料のみならず、夜間や祝日、予約なしで検査ができる機関も増加しています。
【HIV検査・相談マップ 〜HIV・エイズ(AIDS)・性感染症の検査・相談窓口情報サイト】
また、HIV当事者団体や支援団体も、全国各地で活動を広めています。
【HIVマップ | すぐに役立つHIV(エイズ)の情報サイト】
日本は残念ながら、先進国(かどうかは私的には疑問ですが…)で唯一、年々感染者が増加しています。
元々性教育に関して極めて閉鎖的な分、STD(性感染症)に関しては極めて無頓着な気がします。
一見、真面目そうに見える人でも、肉体関係は「?」も多いですからね。

検査結果を伝えた医師の方も、

「検査は定期的に受けなくてもよい。
その代わり、心当たりのある行為から3か月以降に、一度必ず検査を受けて下さい」

との事。

もちろん、結婚して心から信頼し合っている、又は子供を望んでいるカップルを除いては、セックスの前に必ずコンドームを着けて下さい。
これは望まない妊娠だけに限らず、HIVを含む、全てのSTD(性感染症)予防の為。

「オレ、中で出したい」
「外で出すから大丈夫だよ…」

そういう男は速攻で「シメ」ましょう!


megumi

拍手[1回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード