忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

突然の取材依頼で考えた事

こんばんは★

実は一昨日の夕方、突然、メールで地元の新聞社の取材依頼が来ました。
「大人のきょうだい」の件で実際に取材、例会にも同席されるとの事。

数年前、私が自ら「元は病児のきょうだい」を公表した頃と比較すると、大人のきょうだいの現状を、より多くの方々に伝えて頂ける機会を得られるのは嬉しい限りです。

だけど…

よく考えると、支援の為の特別な専門知識を持たない、いわゆる「素人」同然の私が、同世代のきょうだいを直接支援するのは、本来ならば物凄くおかしな事。

それでも、数多くの大人のきょうだいと直接お会いして、その度にきょうだいの置かれた厳しい現状を知り、居ても立っても居られない気持ちが高じて、自分から大人のきょうだいの会を立ち上げたほど。

今の日本では、きょうだい支援だけに限らず、全体的に弱者への公的支援が遅れているような気がします。その中でも、私は被災地の子どもたちの「頑張り疲れ」が気になります。
頑張り過ぎている子どもは、一見「ごく普通の子ども」に見られるので、どうしても心のケアの対象から見落とされがち。
そして、何かあった時は既に手遅れ…という最悪のケースも。

その最悪のケースを未然に防止する為にも、早急な被災地の子どもたちの心のケアは必要です。


megumi

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

バーコード