忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

病児の長姉として

こんばんは☂

一昨日から台風8号が接近しています。
特別警戒が出ている地域にお住まいの皆様、どうぞお気を付けてお過ごし下さい。


今朝、下記の記事を見つけました。

『障害児の兄弟について(読売新聞 発言小町より)』

その中で最も気になる回答がこちら。

『きょうだいに病気療養児がいる場合も、障害児のきょうだい児さんと
同じなんです。
友人は妹が病気療養児でしたが、やはりこのトピにある
きょうだい児さんと同様にきびしい子ども時代だったそうです。

親は妹中心で友人は姉娘というより親のヘルパー。
思うように役に立たなければ「気が利かない」って怒られて
やりたくもないのに病院通いを手伝わされて家事もさせられたとか。

それなのに宿題をしていかなくて先生に注意されれば怒られ、
テストの点数が悪ければ怒鳴られ、暗い顔をしていれば叱られ・・・
彼女だって子どもだったのにね。

今は妹さんは無事快復し働いていますが、反対に彼女は精神的に苦しんでいます。
そんな彼女を妹さんは冷ややかにみているんだとか。
子ども時代の反動で苦しんでいるのに~かなしいですよね・・・
きょうだいって親より厄介で苦しいのかもしれませんね。』


自分も同じ病児の長姉として、とても他人事とは思えませんでした。
前述の友人の気持ちが凄く分かります。
だからこそ、今の小さなきょうだいたちが前述の友人や昔の私と同じ思いをせずに済むように、安心して子どもらしく生きられるために、ブログやFacebookページを立ち上げました。

唯一の救いは、きょうだいの厳しい現状に理解を示す方がいるのを知った事。
今も尚、精神的に悩んでいる友人を気遣う言葉に深い感銘を受けました。


megumi

拍手[2回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード