忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

「Twitter」

私はこのブログを始める前、病気の子供の「きょうだい児」支援をしている、ある某フォロワーさんのブログを偶然見た事がきっかけでTwitterを始めました。

当初は「きょうだい児」やその支援者といった、自分と同じ境遇のフォロワーさんと仲良くなる事に人一倍こだわりを持っていました。

私が現役きょうだい児だった幼少期の頃は、「きょうだい児」のための支援がありませんでした。
妹亡き後も、同じきょうだい児との出会いは一切なく、長年、たった一人できょうだい児特有の悩みに苦しんでいたからです。

そこで、最初は某フォロワーさんの知り合いを何十人かフォローしてみましたが、実際にフォロー返しをしてくれた人はごくわずか。
私が某フォロワーさんの知り合いでも、必ずしもフォロー許可をしてくれるとは限らないという厳しい現実が待っていました。

それでもTwitterを始めて2,3ヶ月の頃は、ひたすら「きょうだい児」に関する内容をつぶやいていましたが、某フォロワーさんの知り合いに限らず、肝心の当事者や関係者からのフォロワー数は一向に増えません。
某フォロワーさんや、許可を頂いた当事者や関係者からの温かいコメントが唯一の救いでした。

私は「きょうだい児」とは一切関係のない人、第一線で活躍していらっしゃる人、その他様々なお店や会社の公式宣伝等を、ダメ元で積極的にフォローしてみました。
すると…

意外に、そのようなフォロワーさんからも同様のコメントを頂くのです。

いや…よく考えてみると決して意外ではないかもしれません。

彼らは当事者ではないので、余計な感情が入らず、あくまでも第三者の目線で冷静に分析する事ができるからだと思います。
長年、同じ境遇の人でなければ、自分の苦しみは到底理解できないと思い込んでいたのですが…
実際はそうでもないのですね。

もちろん「きょうだい児」等、同じ境遇の友達が1人でも多くいれば、それに越した事はないのですが、同じ元きょうだい児と知り合いになる最大の「きっかけ」となったのは、紛れもない事実です。

Twitterに感謝!

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード