忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

「残された人間」の虚しさ

こんにちは。

昨日は、今年最初の横浜きょうだいの会に参加。

だけど、参加者は主催者以外は何と私一人…
他に参加者が誰もいないのは、会話する上でやはり淋しいです。

私も今は別の会で代表を務めているので、参加者が少ない故の淋しさが凄く分かります。

さて、その主催者さんと会話した中で思ったのは、いつの時代も「残された人間」に対しての風当たりは極めて厳しいという事。
ちなみに私は、わずか8歳にして、その「残された人間」になりました。

一般的に幼くして、あるいは若くして亡くなられた人間に対しては、よほどの事でもない限り、決して悪く言われないんですよね。

「○○さんはとても良い人だった…」

と、たちまち「善人」に。

逆に「残された人間」は、家族や親戚、知人を失った事による激しいストレスに加え、その後襲われるグリーフにも一生対応しなければならないのに、特に小さな子どもに対しては何かと軽視されがちです。

「この子はご両親が付いているから大丈夫!」

だけど、そのご両親から見放された場合、あるいはご両親がグリーフに全く無関心だった場合、その子どもの将来は一体どうなるのでしょう?

しかも、運良く専門家や有識者との出会いに恵まれないかぎり、大人になっても、子どもの頃のグリーフをそのまま引きずり、その後の進学や就職、結婚にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

私自身、5年前に偶然同じ目に遭った人と友達になるまで、完全な「孤立無援」でした。
ですから、今のきょうだい会はこの上ない有難い存在。

「残された人間」の子どもは、本当に「忘れられた悲嘆者」です。
自らの過去を自己紹介しない限り、誰も気にかけてくれません。
幼くしてこんな宿命を背負うのは、あまりにも酷過ぎます。


Megumi

拍手[1回]

PR

グリーフによるその後の影響

こんにちは。

今回は、ずっと以前から書こうと思っていた事。

先日、フィギュアスケートグランプリファイナルに、とあるプロスケーターさんがゲスト出演しました。
そのスケーターさんの出演について、日本はYahoo!のコメント欄や2ちゃんねるで大騒ぎ。
また、最近では、彼女が出演したテレビ番組や公の場での言動についても物議を交わしています。

だけど、そのスケーターさんの生い立ちを振り返ると、バッシングするのはあまりにも酷過ぎるし、とても一概に責められません。

なぜなら…
10歳にして最愛のお父様を、突然の交通事故で亡くすという、かなり過酷なグリーフを体験しているからです。

それでも、グリーフを体験した子どもたちの多くが、その後も精神的に苦しむケースが非常に多い中、彼女はフィギュアスケートという、元々の自分でいられる「居場所」を素早く見つけて、たちまち全国のトップレベルに登り詰めます。
そして、冬季五輪に2度出場。世界選手権で2度優勝という快挙を成し遂げます。

ところが…
引退から1年前の五輪選考会(全日本選手権)前に突然、未婚のまま出産を発表。
そして、引退後は外国人スケーターとの新しい恋愛・交際が発覚。

前述についても、日本では何かと話題になっていますが、これもグリーフによる一種の「後遺症」のような気がしてなりません。

幼い頃、肉親や身近な家族を亡くした子どものグリーフはとても複雑です。

私自身、そのグリーフ体験が、その後の人生に大きな影響を及ぼしました。
妹が亡くなった30年程前はグリーフという言葉さえなく、その上「見た目一人っ子」の壁に跳ね返され、つい最近まで、決して支援の手を差し伸べてもらえませんでした。

さて、話は元に戻りますが…

現役の頃から、彼女がコーチとの恋愛の噂が絶えなかったのも、実は幼少期に最愛の父親を亡くした事による、とても言葉にできない不安感の「裏返し」に過ぎないのかもしれません。
幼少期の頃、安心して甘えられる人を失うと、「この人なら…」と思う人から嫌われないかといつも不安になり、つい無意識的に束縛するようになります。

今はただ、小さなお嬢さんの人生を最優先にと言わずにいられません。

もちろん、日本が誇る素晴らしい名スケーターであるのは紛れもない事実です。
今後も世界中のアイスショーで、素晴らしい演技を披露して頂ければと願っています。

今回、書いているうちに思ったのは、幼少期のグリーフ体験に、実は超一流も三流以下もほとんど関係ないんだな…と。
例えどんなに世界トップレベルの実績を上げて、過去の悲しみを必死で乗り越えようとしても、専門のケアやサポートを受けない限り、グリーフによるダメージやリスクから免れるのは、極めて厳しい事を強く実感させられます。


megumi

拍手[0回]

妹の誕生日で思った事‐2

こんにちは。
今日は妹の誕生日。

ちなみに、昨年の記事はこちら。
【元きょうだい児です。 妹の誕生日で思った事】

そもそも、私が現役きょうだいだった30年ほど前は、「きょうだい支援」「グリーフケア」といった言葉さえなかった事を考えると、この数年間で、きょうだい支援やグリーフケアもかなり前進したと実感します。

それから、こんな記事も発見。私は元々第一子長女。
わがまま抑えて、周りに合わせる癖があるし、物凄く要領が悪い。
その上、よほど気心知れた親友以外は、他人に甘えたり頼ったりできない。

座右の銘は、
「私さえ我慢すれば何とかなる!」(苦笑)。

実際、きょうだい会に参加される方で最も多いのが第一子や元第一子。
第一子にとって、安心して甘えられる第三者や居場所の存在は大きな支えとなります。
性格的にも、これは合点がいきますね。


megumi

拍手[0回]

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

バーコード