忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

新宿きょうだいの集い

もう一昨日の事になるけれど、久しぶりに、新宿できょうだいの集いを開催するとのお知らせが届いた。

日頃はきょうだい支援とも程遠く、なかなか情報が手に入らない生活を過ごしている私にとって、こうした集いに顔を出すのは、この上ない貴重な時間。

私が主催している横浜の集いもそうだけど、きょうだい特有の問題だけにこだわらず、ごく普通の日常会話を思う存分楽しめるのは集いならでは。

定例会の場合、どうしても深刻な話題が中心になる。

だから、同じ当事者と知り合いたいけれど、重い話題は避けたいきょうだいにとって、お茶会や飲み会、もしくはオフ会のような、気軽に参加できる集いを開催するのは必要。

私自身、実際に集いに参加するまでは「元二人姉妹の姉」という過去を隠し、一人っ子のフリをして生きてきた。
その過去を、初めて同じ当事者と共有できた時の、とても言葉では表せない解放感は今でも忘れられない。

一昨日の出来事は、9月末に横浜の集いを開催する原動力にもなった。
きょうだい同士でなければ、到底分かり合えない事もたくさんあるから。


拍手[0回]

PR

仲間の存在

一昨日、新宿で同じきょうだい児の仲間とガチンコ話。

話の内容は、主に私の地元きょうだい会の今後の運営に関する相談や、今のきょうだい児を取り巻く問題など。

実はこのところ、同じ当事者ゆえのしんどさを痛感し、「正直なところ、このまま続けていいのだろうか…」といった思いで頭がいっぱいだったけれど、そんな時、仲間からの励ましはこの上なく大きい。

だけど、この日は暖かい陽気が裏目。
終始ひどい花粉症に悩まされた。
初対面ではなく、気心知れた仲間だったのが救い。

「めぐみさん大丈夫?」
「無理しなくていいんだよ!(笑顔)」

物心付いた頃から、こんな言葉をかけてもらった事が指で数えるほどしかなかったので、余計に心の温かさや優しさが身に染みる一日だった。

拍手[0回]

「つながり」とお会いする事

今日、ネット上では既に交流のある方の地元に初めて足を運び、実際にお会いして数時間ほど会話した。

例え学校や職場で、共通の趣味を持つ友達や同じ境遇の仲間との出会いが一切なくても、今や各種SNS等を通じて気軽に友達や仲間を増やし、それまでの人生が一転する事も十分可能な時代。
私自身、そのSNSで「自分は元きょうだい」と初めて公表し、お陰で自分と同じ境遇の友達や理解ある仲間の幅が一気に広がった。

だけど、私はできる限り、実際にお会いして会話する事をお勧めする。
何度もお会いするにつれて、相手の人柄や意外な一面が分かり、気が合えば、ネット上だけでは到底得られない強い絆を築く事ができるから。
私も既に何度も体験しているけれど、実際に面と向かって会話をするのと、ネット上だけの言葉のやり取りは少し違う。
だから、これからも人見知りの克服を兼ねて、積極的に多くの方とお会いしようと思う。

拍手[0回]

きょうだい児関連書籍

クリックしてご覧頂けると嬉しいです。

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索