忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

きょうだい児支援者の皆様へ…


たまには休む事も必要です!

地元のきょうだいの定例会やツイッター例会、集いだけは別だけど、私も今年いっぱいは頭を冷やして、再度自分を見つめ直す。

エネルギー欠如のまま活動していても、結果的にむしろ迷惑をかけるからね。

拍手[0回]

PR

「きょうだいの集い」開催しました!

昨日、ついに念願の「きょうだいの集い」が無事に終了…

第3回とは名ばかりで、第1回、第2回共に、参加者は「0人」。
故に、昨日が事実上の「初開催」。

第1回、第2回の開催予定場所から、思い切って、Twitterのアンケートで最も多くの票を獲得した「横浜駅周辺」に変更したのが、結果的に功を奏した。

参考として、約2か月前の過去記事はこちらから。
【はじめの一歩|独り言|元きょうだい児です。】

「また今回も中止になるかも…
【二度ある事は三度ある】というし…
このままでは、せっかく2か月前から予約したホテル側にとても顔向けできない。」

一時はそんな思いが頭をよぎったほど。

その参加の申し込みが、開催当日の1週間前からようやく殺到し、その後は何とか事無きを得たのが救い。

今回の集いは当初の予想通り、反省点が山ほどあった。
まずは、あらかじめお知らせしていた集合場所が「分かりにくい」という、参加者の方のお声を頂いたので、当日の集合場所の再検討が必要となった。
その他にも、幹事という立場にかかわらず、時々参加者の方の会話を遮りそうになったり、最後の最後で公には言えない致命的なミスを犯す等、次から次へと失敗の連続だった。

もちろん、次回以降の開催につながる収穫もある。
集いは「午後のお茶会」のような、リラックスして話せる会なので、時間の都合上、定例会やTwitter例会にどうしても参加できない方や、定例会の参加に抵抗がある方の、新たな「受け皿」の一つとなった。
また、当会の拠点場所にこだわらず、比較的多くの方が集まりやすい場所で「集い」を開催し、また一つ新たな実績を積み重ねた事は、ちょっとした自信となった。


余談だけど、次回は9月下旬から10月初旬に開催予定。

それまでは、毎月1回の定例会やTwitter例会を続けていかないと…
「継続は力なり」だもの。

諦めなくて良かった。

拍手[0回]

大人の対応

「神奈川県央きょうだいの会」開設。
そして、自ら代表になって早2年半。

次第に「大人の対応」の必要性を実感しつつある。

言うまでもないけれど、大人のきょうだい児・元きょうだい児は「人それぞれ」だから。


今でこそ、日常生活は何とかなっているけれど、小学生の頃から数年前まで、一時期オーバードーズに陥るほど地獄続きの日々だった。

幼年期を病児のきょうだい児として過ごした私は、物心付いた頃から「ひがみ」「ねたみ」「うらみ」はむしろ当たり前。
自分をけなし、いじめた他人の不幸はまさしく「蜜の味」。

「ざまぁみろ!」

心の底から小躍りして喜んだ。

当然ながら、自分の置かれた家庭環境や周囲の人達に対し、頭の中は常に不平不満で一杯。
その上、当時はそれを「我慢強さ」といった自分の最大の長所だと思い込んでいたので、物凄くタチが悪かった。

ところが、その我慢をやめ、気楽にわがまま放題に生きる事に方向転換した途端、(言葉は悪いけれど)ガチ話ができる友達やきょうだい児支援に理解のある仲間との交流が急増。
「何で自分だけが…」といった理不尽な思いが徐々に減り、今では、自分と全く違う世界で生きてきた、いわゆる一般家庭育ちの人に対しても、何とか対応できるようになった。

それでも、不意に過去の「ひがみ」「ねたみ」「うらみ」に襲われ、うつ病になるほど心が激しく揺らぐ事も。
現実は、そう簡単に「マザー・テレサ」のようにはいかない。

また、毎月1回の定例会やTwitter例会、戸外の他団体の集まりでも、カウンセリング的な交流や傾聴の難しさを痛感させられる。

特にTwitter例会では、毎月、様々な意見や考え方が飛び交うので、私も極力相手の立場を尊重するよう努めているが、様々な意見や考え方のバランスを取るのは、一見簡単なようでいて、実はかなり難しい。
下手をすると、単なる「八方美人」にもなりかねない。
特に「一対一」の会話となると、冷静さが減り、無意識のうちに感情的かつ過激な発言になりがち。


それより、学校や職場では間もなく「新年度」を迎える。
私もその「新年度」の最大の目標として、日頃から自分の心の揺らぎに注意を払い、できる限りの傾聴を心がける。

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード