忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

生きがいのある忙しさ

先週初め頃、久しぶりにチラシと名刺の印刷に没頭。

昨日開催された飯田橋のきょうだい児の集まりに、何と参加者全員に、当会のチラシと名刺を配布する事になった。
当然ながら、在庫分が足りず、追加で約100枚程必要になった為。

チラシの配布場所自体がまだ少ない中、こんな大きなチャンスはめったにない。

早速、拠点会場の印刷室を予約し、1時間の貸し切りでチラシを印刷。
ところが、その印刷機に思いの外大苦戦。
文字が所々滲んでいたり、向きを間違えたり等、結局、終了予定時間を数分オーバーしてしまった。
名刺は自宅のパソコンプリンターで印刷。
裏面のURLが上に撚れた他は、特に問題なく終了。

その後、昨日は何とか滞りなく参加者全員に行き渡り、最後に皆の前で、簡単な自己紹介をする機会にも恵まれた。

しかも、顔見知りのきょうだい仲間や、既にネット上で交流のあったきょうだい児にも初めてお目にかかる等、充実した1日を過ごす事ができた。


来週、数日間戸外のアルバイトを控えているので、体調を考慮して、一時は参加を見合わせる事も考えていたけれど、今回は思い切って参加して本当に良かった。

同じ忙しさでも、OL時代の嫌々ながらの忙しさと、今の好きで行動している事の忙しさとは全く異なる。

まず、自ら代表になった事で、上に立つ側の苦悩を初めて思い知らされた。
今はチラシや名刺1枚にかかる経費や、誤字・脱字・レイアウトに神経を尖らせる人達の気持ちも凄く分かる。

OLの頃は、給料が高いか勤務時間の短さだけで入る会社を決める程、仕事の内容に無頓着だった私。
社会人とは名ばかりで、単純に「お金が欲しい」という理由だけで働いていた気がする。
それが今では、自分自身の成長や幅広い人間関係につながり、4年間の小さな活動が徐々に成果を上げつつある。


余談だけど、忙しいの「忙」は「心」を「亡」くすと書く。
だけど、生きがいのある忙しさは、明るく楽しく過ごすために必要だよ。

拍手[0回]

PR

新たな目標

昨日、今年最後の「きょうだいの集い」が終了。
昨年までは年2回だったのが、今年はさらに1回追加し、年3回も開催する事ができたのは一歩前進。

さて、来年はその集いの他に、地元でDVDの上映会等、新たな催しを開催するのが目標。
特にDVDは、教育関係者の方々にも見て頂きたい内容。
もちろん、集いと同様、誰もが気軽に参加できるようにする。

それには、「千里の道も一歩から」という言葉の通り、肝心の定例会を継続しない事には何の意味もない。

極端な話、定例会がなくても、大半の人は特に問題ない。

だけど、この世の中、必死でそのような居場所を探し求めている人もいる。
当会もその選択肢の一つとして、引き続き支援活動に取り組んでいく。


最後に…
先日の定例会の様子がこちら。

拍手[0回]

支援者の待遇で思う事

言葉は悪いけれど、日本では保護司も「なんちゃって国家公務員」。
保護司は犯罪から更生した人の人生を預かる、極めて責任重大な職務なのに、特殊な例を除き、給料はなんと「無償」!
【保護司 - Wikipedia】

多くの支援活動団体もまた、支援活動だけでは到底食べていけず、団体関係者の大半は他に仕事を持っている。
私が知っている支援活動関係者も皆、「二足のわらじ」。

これでは保育や介護の仕事の給料が、職場によっては生活ができないほど安いのも頷ける。
一見、子守やお世話係といった「家庭内で簡単にできそうな仕事」に見られがちな上、実際は拘束時間が極めて長く、仕事の量も多過ぎる。
私も昔、保育のアルバイトをした事があるけれど、僅か数か月でうつ病の悪化で退職。

それなのに、国側は明らかに保育や介護の仕事を舐めている気がする。
そうでなければ、「准保育士」制度の新設に関する話題が出るはずがない。

また、民間のカウンセリングや弁護士に頼るにも、相当の諸費用がかかる。
役所の無料相談に頼らざるを得ない人達も、相談日が平日、それも昼間のみの場合、平日にどうしても仕事を休めない人は路頭に迷ってしまう。
直接出向くよりも気軽な電話相談でさえ、やはり同様のケースが多い。

日本は弱者に対する救済措置は極めて少ない上に、実際に救済措置に拘わっている人材の大半も「無償」扱い。
本来なら、今の日本に最も必要な支援に拘わっているのに、置かれた待遇があまりにも悪過ぎる。

私自身、長年封印していた過去を経歴の一つに変え、見切り発車で地元に自助会を開設したけれど、 その自助会も無収入なので、今後は継続するための収入源をどうするかが大きな課題。

拍手[0回]

きょうだい児関連書籍

クリックしてご覧頂けると嬉しいです。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索