忍者ブログ

元きょうだい児です。

神奈川県央きょうだいの会・代表のブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

「サポコハウス見学会」

昨日の午後、何度もお世話になっている「グリーフサポートせたがや」の拠点場所でもある「サポコハウス」の見学会に行って来た。

最初は各部屋の案内から始まり、約30分間のDVD鑑賞、グループごとに分かれての話し合い。
そして、全参加者からの質問コーナーと続いた。
また、同じ団体の方やグリーフサポート関係者と直接お目にかかることができ、短いながら充実した時間を過ごした。

今回、アメリカではきょうだい支援やグリーフサポートも、日本より先に進んでいると思っていたけれど、実際はアメリカもさほど進んでいないのを初めて知った。
ちなみに、日本の子どもグリーフサポートを扱う団体は全国で約20か所程度、アメリカは全米で約500か所。
一見、アメリカの方が多く見えるけれど、人口の割合ではそれほどでもないとの事。

だけど、効果が目に見えにくく、どうしても後回しにされがちなきょうだい支援やグリーフサポートこそ、本来なら真っ先に取り組むべき課題。
当日購入したDVDの試写会に出演した、多くの子どもたちの表情や言葉を見る限り、そのような支援の必要性や重要性を改めて再認識させられる。

現に、妹の死後一切支援を受けられなかった自分は、その後の人生は躓きの連続だった。
まさか結婚して新しい家庭で穏やかに暮らすどころか、あらゆる仕事を転々とし、一時ニートになるとは考えてもみなかった。
だけど、10代の頃までに、今のサポコハウスやアメリカのダギーセンターのような居場所や理解者と出会っていたら、せめて仕事だけは順調だったかもしれない。

それでも、私はいい歳になってようやくグリーフサポートとつながる事ができたけれど、この世の中、グリーフサポートにつながる事ができない当事者も決して少なくない。
より多くの当事者の方が、様々なグリーフサポートでつながるのを、同じ当事者の一人として心から願っている。


昨日は、「 #グリーフサポートせたがや 」の拠点場所「 #サポコハウス 」見学会に行って来ました。 ・ 写真は当日購入したDVD。 ・ 子どものグリーフ体験者は、子どものきょうだい児と同様、教育現場での支援の手が回りにくいという共通点を抱えています。 ・ そのDVDの試写会の後、参加者同士で意見交換。 ・ 当会も、いずれは小さな上映会を開催する事を目指しています。 ・ ・ #ky0da1 #世田谷区 #世田谷 #グリーフサポート #グリーフケア #グリーフ #神奈川県県央地域 #神奈川県央 #神奈川県海老名市 #海老名市 #海老名 #きょうだい児 #きょうだい #きょうだい児支援 #きょうだい支援 #大人きょうだい #大人きょうだい児


神奈川県央きょうだいの会さん(@ky0da1)がシェアした投稿 -


拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

きょうだい児関連書籍

クリックしてご覧頂けると嬉しいです。

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索